Twitterの人気とその理由とは

お久しぶりです!蓮見晋平です。

Twitterは140文字と言う限定された文字数の中で、自分の思う事や感じた事を書き込んで、世界に発信して行くインターネット上のコミュニケーションサービスです。その人気はどんどん高まり、2007年にこのサービスが始まって以来、日本国内の利用者は本家のアメリカを抜く数を誇っています。

その人気の理由は様々ありますが、日本国内的にはTwitterのコミュニケーションルールの緩さが、その理由の一つに挙げられるでしょう。140文字以内であれば自分の好きな事を書き込めて、反応を貰ったら返事を返しても、返さずに流しても良い気楽さ、これが日本人の心にフィットしている様です。しかも使い方によっては、自分の仕事や開催するイベント等の、情報発信ツールとして利用できます。この様に使い勝手が良く、多くの人と緩く繋がれる心地良さが、日本で受けている一番の理由でしょう。

しかもユーザー名は匿名で良いのも、シャイな日本人に安心して使われる理由です。匿名であれば何となく日常生活では聞けない事や、照れ臭い事なども思い切って書けるます。その気楽さも、日本人にとって安心できる要因です。
また情報を発信するだけでなく、他の誰かが発信した情報を受け取るツールとしても利用できます。Twitterは日本人に好まれやすい、インターネットサービスなのです。

Webマーケターに必須のツールSkypeにTranslatorが登場

WebマーケターにとってはSkypeを使った集客やアフターフォローが必須です。今まで海外へのサービスであれば英語でのやり取りが必要でしたが、それは今のところ変わりません。

しかしSkypeにTranslatorが登場し、これは英語や中国語の自動変換が行われます。日本語は残念ながら対応していないので、日本人にとってはまだ微妙なツールなのですが、今後このツールが普及していけば日本語の変換機能も搭載されるでしょう。そうすれば日本人Webマーケターにとってありがたいです。またこのツールは無料で使用することができるので、手軽に試せます。

現在海外に向けてサービス提供しているWebマーケターはおそらくだいたいの人がある程度英語を使えるでしょう。流暢でないにしても、読み書きは翻訳ツールを多少使用しながらであれば可能で、会話もゆっくりであればある程度できる人が多いと思います。そのことを踏まえると必ずしもツールは必要ないのですが、試してみるという点では面白いでしょう。

またツールがあるから英語をできるようにする必要がないかというと微妙なところで、ツールの機能を完全に信用できるわけではない現代ではやはり英語はある程度できると便利です。

では!蓮見晋平でした。

LINEモバイル解析に必要なLINEWebマーケター

こんばんわ!蓮見晋平です!

昨今のWeb施策においては、代理店に全てを任せるだけでは対応しきれない事態になっています。

広告の分野においては、アドテクの発達により、デジタルサイネージをはじめとするディスプレイ広告が目立つようになりました。LINEモバイルなどのソーシャル面においても、ターゲティング手法が導入され、効果的な広告商品を生み出しています。

これらを、総合的に採り入れるは、専門のマーケティング部門を持つ必要があると言えます。そして、その専門性を持った責任者がWebマーケターと称されているわけです。

専門のWebマーケターを置くことで、Webのアクセス解析を効果的に実施できます。
その情報を基に、リスティング広告のCPCの上昇を抑え、CPAの悪化を未然に防ぐことが可能になります。

Webマーケティングの世界では、複数の施策が複雑に絡み合って、相乗効果を生むことになるので、Webマーケットに通じたジェネラリストの存在が重要になってくるわけです。

各種Web広告媒体にはじまり、アクセス解析やアトリビューション等の効果測定、SEOやオフライン広告など、幅広い分野の知見が必要になると言えます。

勿論、LINE解析にも通じている必要があるわけです。